2007年07月29日

070729講習会17救命講習

5791
今回は救命作業の講習会を 受講しました

まずは解説から・・・・

「初期の手当てはかなり有効であり
もしそんな場面に出会ったら 臆せず行動して欲しい
傷病者が回復出来なかったとしても 善意の行動であり
訴えられる事はありません」 との事でした

5801
ガーゼなど布越しに人工呼吸をします
(感染を防ぐ為 知らなかったです」

5811
傷病者に 意識が無く 呼吸していない場合
気道を確保する必要が在ります

5821
呼吸しやすい様に あごを上に反らせるようします

5851
このダミーは良く出来ていて
気道を確保し 鼻を押さえ 適切に処置すると
胸に空気が入って行くのが判ります

5861 
本日の主役 AED です

この機械はフタを開けると電源が入り音声でメッセージが
流れます 電極をつなげば 心臓の診断もします

5871
人工呼吸 心臓マッサージ AED 異物の除去 止血方法
などを教わりました

5881s
講習終了後 こんなカードがもらえます

5891
佐野消防署のみなさん どうもご苦労様でした
良い経験 勉強になりました

記事:張替

posted by 瓦2会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

070714耐震棟 講演会

5571
7月14日 鹿沼市職能訓練センターにおいて
宮城県瓦工事組合理事長 植木憲朗氏による
耐震実験の講演会がありました

まずは 鈴木会長の挨拶から

5581
宮城県では 震災後かなり瓦離れが起き 深刻な問題となったそうです
大学の教授に協力を仰ぎ 宮城県独自の耐震棟仕様だそうです
今回は動画で編集した物での解説が多かったのですが
栃瓦連の方で少々準備不足と言うか
ある筈のマイクが無い・・・・ センターの人も
会場予約したんだから マイクだけ他所に貸すなよと・・・・

おかげで音声無し
(プロジェクターは 外部アンプとスピーカーが必須ですね)

私は最前列だったので
講師の方の肉声での解説は聞こえたのですが・・・・・・

5591
後ろの方は 話が良く聞き取れなかったのでは?・・・・
ちなみにこれは 休憩中の写真ですよ
なんか 今回は私も写真あまり撮れませんでした
今回の私の取材する気持ち 65点です 申し訳ありません

宮城での試験は のしは互いに19番銅線で緊結
強力棟に10oの横筋を流し横筋から20番ステン線で紐丸を緊結

または野地から
18番の銅線でトンボを出し紐丸を緊結する と言う物でした

阪神の震災以上の振動でも大丈夫との事でした

 記事:張替

posted by 瓦2会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。