2009年03月28日

090328ミシマ商品説明会

3月28日 ミシマ佐野の川村所長にお誘い頂き、
潟~シマさんの商品説明会に行って来ました
会場は潟~シマ 埼玉営業所付近です。

936s.jpg 935s.jpg
写真は潟~シマの齊藤社長です
これからは太陽光とリフォームに力を入れたいとの事
セメン瓦の再塗装用塗料や葺き替え用の商材が多かった様です
(ルーガやカレッセ、シングルなど)

937s.jpg 938s.jpg
渡辺建材さんも 前に出て商品説明してました
渡辺君 何度も展示会や各地の総会での挨拶など
修行の成果が出てます
しっかりと製品説明してました

これが 新製品の軽量南蛮です
ビニール袋に入った黒い物が 固めたサンプルです
小さいサンプルですが、従来品と比べると
確かに軽いです 1袋分だとかなり違うかも
撥水性、強度は従来通りだそうです

939s.jpg
ちょっと気になった 屋根材がこちらです
元々は かわらUをFRPで作った感じの物ですが
和型にこだわり 天平シリーズなるものも
新築住宅の洋風化が進む中 リフォーム市場では
やはり和型が受け入れ易いとの判断なんでしょうね
メーカーさんの対応も好感が持てました

940s.jpg
最後に 美味しい食事を頂きました
この日は同業者のかたが、70〜80人位集まったでしょうか
この人数で無料招待だと経費も掛かるでしょうけど
色々な話が聞けて良かったです
是非継続して頂きたいです

ミシマさん ありがとうございました
そしてこれからも よろしくお願いします!

潟~シマ http://www.mi-shi-ma.co.jp/
挙n辺建材 http://www6.ocn.ne.jp/~wataken/
潟Iーティス http://www.otis-web.co.jp/

by harikae、瓦千鳥
posted by 瓦2会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

090321-22第25回全国技能グランプリ

屋根福さんにお誘い頂き
田中さんと私の3人で(瓦2会 成年部?)
全国技能グランプリの見学に行って来ました
今回の会場は兵庫県神戸市のワールド記念ホールです
全国技能グランプリでは他に大工さん、建具屋さん、
家具職人さんの競技も行われていました
いつもながら 瓦の見学者は多いですね

883.jpg 884ss.jpg
今回の仕様はこんな感じです
画像では判り難いですが
軒瓦は鎌軒で 一部は反りをつけ
隅棟も一本は削ぎのし使用で反りをつける
左右の袖の頂点は巴を刻んで擦り合せる

前回までは架台に対して特殊な治具、道具の使用が多くあり
下準備での差も見られましたが そのような物が禁止になったので
かなり難易度が高くなり、ある意味フェアになっています。
栃木県からは 前原さんの親戚の方が出場されます
結果はいかに?

885ss.jpg 886ss.jpg
桟打ちの状態です(左写真:三枝さん)
最近の新築で 反りのある屋根って余りありませんが
直の架台でもこうすれば 反らせられる
講習会でも利用出来そうです

軒先部です 鎌軒が綺麗に合端されてますね

887ss.jpg 888ss.jpg
毎回グランプリには 多くの関連企業が
出展しますが 深谷配合粘土さんも頑張ってましたよ
南蛮から 更にリフォーム用壁仕上げ材の壁っこ
屋根の塗装替わりに塗る 屋根っこなど 新製品が出てました
今までと違う路線の商品ですが 結構良いかも

右は渡辺建材さんです兄弟で出展されていました
渡辺建材さんの目玉商品は 軽量南蛮です
比較用に置いてあったのは小さなサンプルですが
従来品と比べると 確かに軽いです
軽量化と共に 大きな現場なら省力化にもなりますね

889ss.jpg 890ss.jpg
注目の反り棟部です
台面の取り方 削ぎのしの入れ方で差が出る所です

比較用にもう一枚
反り具合の違いが 見えるかな?

891ss.jpg 893ss.jpg
もう一つの難関
袖と半月巴の擦り合せ部です
タガネと砥石でここまで出来るとは凄いですね

右写真の方は 少し巴を下げてありますが
実際の屋根での雨仕舞を考えての収め方でしょうね

選手の皆さん お疲れ様でした

894s.jpg
記念写真をパチリ
後列中央のお二人が栃木代表の前原さん親子です

今回のグランプリ視察は 三枝さん達は飛行機で 
こちらの成年部は屋根福さんの愛車で現地集合でした
(長距離の運転お疲れ様でした)

今回のかわらぶき部門には全国20府県からの出場
内閣総理大臣賞(優勝)は茨城の桜井瓦工業の櫻井さんでした
栃木は惜しくも入賞出来ませんでしたが
この大会に出場された選手全員に 心から拍手を送ります
お疲れ様でした

20090401_.jpg
MSN 産経ニュースより抜粋
瓦施工の桜井さんに内閣総理大臣賞 全国技能グランプリ 茨城

 神戸市で3月20〜23日に行われた「第25回全国技能グランプリ」で、茨城県石岡市小塙の桜井瓦工業専務、桜井茂幸さん(34)が「かわらぶき」の部門で総理大臣賞に輝いた。瓦施工の技能大会の県代表としては、総理大臣賞はもちろん優勝も初めての快挙。桜井さんは「優勝できてホッとしています」と喜びを語った。

 同大会は2年に1度行われ、各部門の優勝者の中で特に優勝者な参加者に内閣総理大臣賞が贈られる。かわらぶき部門には全国20府県から出場者が集まった。模擬屋根に実際の瓦を施工し、制限時間内での仕上がりを競った。かわらぶき部門で内閣総理大臣賞が出るのは6大会9年ぶり。

 桜井さんは明治20年創業の桜井瓦工業の4代目。土浦日大高校を卒業後、京都府内の瓦施工技術集団「甍技塾」で修業。3年後の平成8年春、父親の仁博(きみひろ)さん(71)の会社に就職した。

 桜井さんは父親から「施工現場がないと仕事ができないし、技術を見せる場もない。お客さんから仕事をさせていただいているという感謝の気持ちは絶対、忘れないようにと強く教え込まれた」と話す。

 栄えある総理大臣賞の受賞に「私個人の力というより、県瓦工事組合連合会の会長や会員のみんなに練習するための手伝いや技術指導してもらったり、全面的なバックアップが大きかったと思う。そういう意味では茨城の瓦葺(ぶ)き組合がもらったもの」とあくまで謙虚だ。

by harikae、瓦千鳥
posted by 瓦2会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。